ドローン

基本的にの普通なドローン飛行禁止空域は遂行されていますが、噂によると国の公式地図と見比べて若干緩い規制のところもあるようですので、見過ごせない方はDJI社のホームページで前もってに見定めしておきましょう。 また、航空局や空港の許可を取得していてもドローンはそれを習得する事はできないので、NoFlyZoneは作動してしまいます。 しかし法令に違反する可能性が低いという点では、かなりおすすめです。 このシステムはDJI社独自のものなので、DJI社の組み立てした地図を基準としています。 そのため、あらかじめ指定されているドローン飛行禁止空域での利用の融通を利かせることは手を焼くでしょう。

ドローン操縦 岐阜