ブランド品

ベストセラーのオープンハートネックレスはもちろん、最高級のダイヤモンドジュエリー、ブライダルジュエリー、シルバーや金色製品に至るまで、その永遠の輝きは、目にしたものの心を魅了してやみません。 1961年公開、オードリー・ヘプバーン主演の『ティファニーで朝食を』でワールドワイド的な知名度を取得し、世界中の女子の意識として不動の地位を築いたティファニー。 ティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーが誕生したのは創業から約15年ほど経った頃ですが、””こまどりの卵””の青が使われた背景には、ヴィクトリア朝ご時世、重要なものの目印としてこの色が用いられていた事、高潔さや真実のシンボルとしてもこの色が使われていたからというエピソードがあります。 お馴染みのオープンハート、ティファニーの誇りでもある”ティファニーセッティング”のダイヤモンドリング――。 1845年の初版から年1回、170年余にわたり発行を続けるカタログは、至極のジュエリーブックとして、またティファニーの年代史としても世界中のセレブリティやジュエリーコレクターを虜にしています。 1837年、チャールズ・ルイス・ティファニーにより創業。 ティファニーを着用する喜びは、世代を問わず多くの人々が認めるところです。 世の中最高級品質のジュエリーに加え、時計やアクセサリー類も大人気。 そのクチュールジュエリーの中でも、最高峰にランクされる稀少な1点ものだけを収蔵したコレクションカタログ「ブルーブック」。 ニューヨークのプレミアジュエラー、ティファニー(Tiffeny&Co.)。

高知市で一番高い買取店